2009年11月13日

トヨタ(TOYOTA)のハイブリッド専用車種「SAI」、最安モデル338万円!

これからの時代の『小さな高級車』

そのキャッチフレーズに恥じない、
トヨタ(TOYOTA)新型ハイブリッド専用車種「SAI」は、最安モデルが338万円

10月20日から受注を開始した
『SAI(サイ)』は、
発売日が12月7日と決定したのが先月の10月20日。
そこからわずか3週間たらずで、はやくも受注台数1万台を超えたとのこと。
月間販売目標は最初、3千台を予定していたところ、ふたをあけてみればその約3倍以上

トヨタ(TOYOTA)。すごっ!

『SAI(サイ)』は、トヨタ(TOYOTA)ハイブリッド車種の中でも
洗練されたデザインが特徴的なセダンタイプの車種。
名前の由来が「才」「彩」というところからも、気品が感じられますね。

この『SAI(サイ)』最安モデル338万円ということで、
プリウス(PRIUS)205万円レクサスHS250h395万円だから、
中間の価格設定。

とはいえ、こうやって比べるとプリウス(PRIUS)が安すぎな感じ(笑)

トヨタ(TOYOTA)ハイブリッド車種の中では、
プリウス(PRIUS)が大衆車で、
SAI(サイ)はその上位の地位を与えられた洗練された車ってことですね。

性能・燃費面もお墨付き。
『SAI(サイ)』燃費は、2.4リットルアトキンソンサイクルエンジンを採用したコンパクトカー並みの
1リットル当たり23キロ
同じトヨタ(TOYOTA)ハイブリッド車種プリウス(PRIUS)と比べると、
燃費面ではやや及ばないが、同クラスのセダンタイプ車種に比べるとなんと約2倍燃費性能
ほかにも、SAI(サイ)は、 「プリクラッシュセーフティシステム」という
前方と後方の車両の接近を検知し、追突の可能性を検地するシステムを搭載。
予防安全性能が非常に優秀!

正式な発売の後に購入した場合、
来年3月に切れる「新車買い替え補助制度」に納車が間に合わない可能性がおおいにある。
どうせ購入するのならば、利用したほうがいい制度ですものね。



posted by 王子 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | この話、気になった! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ(TOYOTA)の小型FRスポーツカー「FT-86」公開!!

トヨタ(TOYOTA)
小型FRスポーツカー「FT-86」
東京モーターショー(幕張メッセ)2009で公開されましたね!

ハチロクですよっ!!!
ハチロク!!!

ハイブリッドカーで峠(とうげ)を攻める日が来ましたっ!!!(笑)

toyota_ft-86.jpg

写真は東京モーターショー(幕張メッセ)2009のものです。

トヨタ(TOYOTA)豊田章男社長いわく、

「車本来の持つ楽しさである、ドライバーがアクセルやスタイリングを意のままに操れる、もっと走りたくなるものに仕上げ、早く提供できるよう準備を進めたい」

ふむふむ。

確かに、最近は燃費向上のため、車はハイブリッドカーエコカー化してますよね。
エコカーであるということはもはや必須。
そのエコというキーワードを強調しつつも、
走り」の楽しさを追求した、トヨタ(TOYOTA)小型FRスポーツカー「FT-86」は、
まさにハイブリットカーの最高傑作になるんじゃないだろうか!!

どうしてもスポーツカーというものは、燃費の面が懸念されてしまうものだし、
その一方で、 「車イコール走り」「走るイコール楽しさ」
という図式、人間の本能、車好きの本能はやはり捨てきれない。

「環境」と「走行」を両立させたハイブリッドカーが、
このトヨタ(TOYOTA)の小型FRスポーツカー「FT-86」なのです!!

ちなみに搭載エンジンは、
富士重工業との提携により実現した、スバル共同開発エンジン
「2リッター水平対向4気筒自然吸気ガソリンエンジン」なるものを搭載しているそう。

とにもかくにも、ぜひともこのハイブリッドスポーツカーを実現させてほしいものです!

posted by 王子 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | この話、気になった! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダのSKYDECK(スカイデッキ)、ミニバンハイブリッド

東京モーターショー2009でお披露目された、

ホンダ(HONDA)のミニバンハイブリッド
 「SKYDECK(スカイデッキ)」 

skydeck.jpg

ライバルトヨタ(TOYOTA)とのハイブリッドカー商戦の最中、
今年の東京モーターショーでは、
ミニバンハイブリッド「SKYDECK(スカイデッキ)」の展示が行われました。

ホンダ(HONDA)「SKYDECK(スカイデッキ)」制作カーコンセプトは、
「世代やライフスタイルに縛られない。幅広いニーズに応える、マルチパーパス・6シーター・ハイブリッドカー。」
だそうで、とどのつまり、

「大きさがちょうどいい。年齢、性別を問わず、誰にでも扱いやすいボディサイズであること」

「多人数にも、少人数にも、レジャーにも、多くの積載量にも対応可能であること」

「いかなる年齢層にも受け入れられる、オールマイティなデザインであること」

の3つといったところでしょうか。
もはやハイブリッドカーであることは、現代では必須、なのでしょうね!

写真は東京モーターショー2009のものですが、
私、このデザイン、好きです(笑)

なんともなだらかな曲線美!なんかミニバンてゴツゴツしたイメージあるんですが、
この「SKYDECK(スカイデッキ)」はすごくグラマーな印象!!

巷では、圧倒的にトヨタ(TOYOTA)プリウス(PRIUS)人口が多くなっていて、
どこにいってもハイブリッドカープリウス(PRIUS)だらけですからね。

ホンダ(HONDA)ハイブリッドミニバン「SKYDECK(スカイデッキ)」
ハイブリッドカーを購入するユーザーにおいて、新たな選択肢になりそうな予感です!!
posted by 王子 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | この話、気になった! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリウスワゴン、燃費は!?中古車が狙い目!

ついにトヨタ自動車からプリウスワゴンの発売が発表されましたね!!


プリウス(PRIUS)はいわずと知れた、
燃費が抜群のハイブリッド車(HV)!!


そのプリウス(PRIUS)ワゴンタイプ2010年末発売とのこと!!

ワゴンタイプ燃費が抜群なんて夢のようです。

うちも現在、父親がセダンタイププリウス(PRIUS)に乗っておりますが、とにかく静か。
個人的に千葉県から、松島までの旅行でレンタカーしたこともあります!


今年の7月頃、雑誌「ベストカー」にプリウスワゴンの記事が掲載されておりましたが、
以前から、噂が後をたたなかったプリウス(PRIUS)ワゴンタイプが、
こんなにも早く発表されるとは!驚きです。

今回のプリウスワゴンは、
現在搭載ニッケル水素電池より充電容量が大きなリチウムイオン電池を搭載。
この電池は今までよりもさらに小型化され、車内が広くなるように設計されている様子。
電池が変化するということは、燃費の向上も!?

価格は驚きの200万円台!!
うちの実家がセダンタイププリウス(PRIUS)を3年ほど前に
当時、全て込みこみ330万円で購入したので、
プリウスワゴンだけでなく、
最近のエコカー低価格には驚くばかりです。

燃費ガソリン1リットルあたり30キロ・メートル台
セダンタイプと同様にトヨタの全販売店(約4900店)で取り扱う予定だそうです。

気が早いですが、個人的にプリウスワゴン中古車が気になりますね。
こう見えて慎重派なものですから、口コミ、評判を聞いてから、
中古車を狙っていこうかと考えてます。

なにはともあれ、
プリウスワゴンをはじめ、
プリウス(PRIUS)は更なる話題を呼びそうな雰囲気ですね。
posted by 王子 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | この話、気になった! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。