2009年11月30日

内藤大助VS亀田興毅・WBC世界フライ級タイトルマッチ!!

昨夜は拳が熱くなっちゃいましたね!!

さいたまスーパーアリーナにて、


「内藤大助VS亀田興毅」

WBC世界フライ級タイトルマッチ!!


内藤が勝てば「王座6度目の防衛

亀田が勝てば「2階級制覇達成


どちらも本当にすごい事!!


テレビの前にかじりついて試合を観ました。



今回のWBC世界フライ級タイトルマッチは、
亀田興毅亀田大毅の一件で、内藤大助とは「因縁の対決」とか言われてましたけど、
そんな事どうでもいいくらいに良い試合だったと思いますが。


結果は、亀田大差判定勝利

決め手は亀田自身も言っているように、終始徹底したアウトボクシング

「距離を取って戦うことを心がけ、自分の距離を最後まで保とうと思った」


亀田家といえば、「礼儀知らずで、すぐ熱くなって汚い言葉を吐く」なんてイメージあったんです。昔から。

でも、成長していくにつれて、中でもお兄ちゃんの毅にはすごく共感できる部分もあって、
どんどんそんな悪いイメージも打破されていく。

今回の試合も、亀田「終始クレバーに徹する」ことができたからこその勝利じゃないかと思います。


キャリアのある内藤も、こんなに亀田がクレバーに試合運びをするとは思わなかったのですかね?

不完全燃焼な感がありましたね。

試合中、常に対照的な2人で、常に前に出る内藤と、常にアウトボクシングを貫く亀田

序盤の印象は、内藤に出させてスタミナが切れてきたあたりで、後半亀田が前に出るのかと思ってました。

いろんな意味でプロフェッショナルな試合だった。


内藤「引退」とも騒がれてますが、

常に「観客に楽しい試合を!」

という心がけを忘れないサービス精神と(負けても言ってた位)、
なんか不器用で、潔い感じが大好きです。
ボクサーとしてすごくファンなので、まだ是非やってほしい。


亀田新チャンピオンとして、今後も応援したいです!!


 
「亀田興毅」関連グッズをAmazonで検索


posted by 王子 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。